セタシジミの佃煮(有馬煮)
【材料】
セタシジミの身 しょう油 砂糖 酒 粉山椒

【1】 酒としょう油に砂糖を加え、火にかけ、2/3ぐらいになるまで煮詰める。
【2】 【1】のだし汁にセタシジミの身を入れ、煮詰まってくれば、粉山椒をふりかけ出来上がり。

(注)セタシジミを入れた後、あまり煮込むとセタシジミが堅くなります。

 
 
セタシジミの鉄砲和え
【材料】
わけぎ セタシジミの身 カラシ 白味噌 砂糖 酢 酒 ゴマ

【1】 わけぎの先を切り取り、手早くゆがき、手でしごいて内側のぬめりを取る。
【2】 セタシジミの身をゆがく。
【3】 白味噌に、酢と酒とカラシ、ゴマを加えて辛子味噌をつくる。
【4】 でゆがいたセタシジミと3の辛子味噌を合わせる。
【5】 【1】に、【4】でつくったセタシジミ味噌を和えて出来上がり。

(注)わけぎは、ぬめりを取っておかないと水っぽくなります。

 
 
吉野仕立て蜆玉子茶巾
【材料】
セタシジミの身 だし汁(カツオ・昆布) 玉子 百合根 しめじ 椎茸
菊菜 しょう油 みりん 吉野葛

【1】 卵3個に対してだし汁150ccでとき、しょう油とみりんを少々加える。
【2】 百合根としめじ、椎茸、菊菜は下茹でしておく。
【3】 百合根としめじは、[2]のだし汁と一緒にラップに包み込み、茶巾にしてゴムバンドで止める。
【4】 【3】の茶巾を80゚Cの湯で茹であげる。
【5】だし汁にみりんとしょう油で、吸い物地より少し濃いめにしたものに、吉野葛(水とぎ)を少量ずつ入れて葛あんをつくる。
【6】 【4】の茶巾に、下茹でした椎茸と菊菜を添えて、上から[5]の葛あんをかけて出来上がり。

 
 
生湯葉宝袋オランダ煮

【材料】
セタシジミの身 レンコン 椎茸 銀杏 みつば サラダ油 だし汁(カツオ・昆布)
みりん 薄口醤油

【1】 レンコン、椎茸、銀杏を下茹でにしておく。
【1】 【2】の具材を湯葉で包み込み、みつばでくくり、サラダ油でカラ揚げにする。
【3】 だし汁にみりんと薄口醤油、少々の砂糖で味付けをして、[3]を炊きあげて出来上がり。

 
 
しじみかぶら風呂吹

【材料】
セタシジミ かぶら 椎茸 昆布(5×5) だし汁(カツオ・昆布) 味噌 砂糖
みりん 酒 ゴマ 薄口醤油

【1】 かぶらを厚めに皮をひき、5cm角ぐらいに切り分け、面取りをする。
【2】 米の研ぎ汁でかぶらが柔らかくなるまでゆがく。
【3】 だし汁に薄口醤油を少々加え、[2]で柔らかくなったかぶらを炊く。
【4】 セタシジミの身を取り出し、これに味噌と砂糖、酒、ゴマを加え、火にかけて練り上げる。
【1】 【3】で炊きあがった熱々のかぶらに、[4]で出来上がったセタシジミ味噌をかけて出来上がり。

 
 
セタシジミの佃煮(有馬煮)

【材料】
セタシジミの佃煮(有馬煮) だし汁(カツオ・昆布) 酒 薄口醤油 米

【1】米1升を、だし汁1,600cc、酒100cc、薄口醤油100ccで炊きあげる。
【2】で炊きあがったご飯に、先に紹介した『しじみ佃煮』を混ぜ合わせて出来上がり。

(注)「セタシジミ」は、「あさり」や「はまぐり」のように炊き込みご飯の具として用いれば、 生臭さが残るので、別々に炊いて混ぜ合わせるのがポイントです。